エンジニアの働き方としてフリーランスを選ぶ魅力は、企業から受けていた様々な束縛から逃れられるようになることです。就業規則が厳しく定められていて、何時から何時までは指示された場所で指示通りに働かなければならないのが勤め人の特徴でしょう。フレックスタイム制やテレワークなどを導入する企業も見られるようになってきましたが、あくまで束縛の形が変わったに過ぎません。自分で条件を選ぶことができないのが現実です。

一方、仕事の内容についても自分が決定するわけではなく、勤め先の管理職や企画職などの人が考案して決議されたものを実行することになります。もっと良いものを開発したいと思っても、さらに効率の良い仕事の進め方があると思っても実現するのは困難になりがちです。しかし、フリーランスの場合にはこのような束縛を受けることはありません。やりたい仕事を自分で選んで依頼主に契約してもらうという形になり、仕事の内容には自由があります。

また、依頼内容の詳細は依頼主との交渉によって決められるため、自分に都合の良い形に取りまとめることが可能です。勤務時間をフリーにしてもらったり、勤務場所を自宅に変更するように申し出たりといった形で様々な交渉ができます。スキルがあるほど依頼主としても契約したいと考えるため、交渉も進めやすくて自由に働けるようになるのが一般的です。エンジニアとして自分の希望する形で仕事をする場合に、フリーランスは魅力的といえます。