エンジニアが、できるだけ高収入を稼ぎたいと考えたら、フリーランスをするのが良いといわれています。実際にはフリーランスエンジニアとして稼げない人もいれば、2千万円クラスの年収の人もいるため、働き方による影響が大きいことに気をつけなければなりません。稼ぐためには努力が不可欠であり、少しでも多くの案件を短時間で処理しつつ、高単価の案件を獲得する必要があります。

効率を重視して働く工夫をすることが必須なので、いかにして稼ぐかをテーマに準備をしたうえで独立することが大切です。フリーランスを始めてから仕事の獲得に時間を必要としてしまうことは多く、信頼できるエージェントを探しておくのは重要になります。仕事探しを特別に行わなくても紹介してもらえるようになっていれば仕事に専念できるでしょう。また、会計処理を行うのに時間を費やしてしまうと仕事ができなません。家族を従業員として雇って会計処理を行ってもらい、必要に応じてエージェントとのやり取りも任せてしまえば効率化が可能です。

工夫をすることで節税もできるため、稼いだ収入が税金として無駄になってしまうのを防げます。家族がいない場合や働けない場合には税理士に相談して節税をしてもらいつつ、会計処理もしてもらうのが効率的です。フリーランスをして稼ぎたいと考えているエンジニアは自分の能力を高めるだけでなく、周辺業務まで十分に配慮して工夫をすることを忘れないようにしましょう。