独立することを決めたエンジニアは、請負業務に興味を持っていることがよくあります。仕事の依頼を受けたら自由に時間を使って働き、納期までに成果物を提出すれば良いというのが請負業務の特徴です。フリーランスの醍醐味として、時間的に拘束されず自由に働けるという点が挙げられます。また、自分1人で大きな仕事を成し遂げて高い評価を報酬という形で受けられるのも魅力です。

それに適しているのが請負業務で、まずはこれを始めてみようと考えるエンジニアも多くなっています。しかし、この場合に苦労しするのが生活リズムを確立することです。それまで会社勤めをしてきたエンジニアは、勤務時間が拘束されていたので一定のリズムで仕事をすることができていました。しかし、請負業務で働くといつ働いても良いことになります。それがかえってマイナスに働いてしまい、私生活と仕事のバランスをうまく整えられずに苦労するのです。

委託業務は会社勤めをしているときと同じ感覚で働けるので、このような心配はありません。しかし、立場が違うだけで、あまり勤め人だった頃と変わらない働き方になってしまいます。勤務時間も勤務場所も定められてしまうので、フリーランスをする魅力が半減してしまうでしょう。フリーランスの醍醐味を満喫するには請負業務にこだわるのが良く、自分で仕事の時間を決めておくのが大切です。それが難しい場合には、まずは委託業務で仕事をする習慣を作るのが賢明でしょう。