エンジニアは独立してから、自分で仕事を手に入れる必要があります。その自覚が甘く、仕事はたくさんあるだろうと思いこんでいたために、仕事がなくて困ってしまうケースは少なくありません。確かにエンジニアの需要は業界を問わずに高騰していますが、フリーランスの人材を雇うかどうかはまた別の問題です。また、もともとフリーランスのエンジニアを使っていた企業の場合はお気に入りの人材がいて、優先的に利用しているため新参者が介入する余地がないこともよくあります。

そのため、フリーランスを始めるときには十分な準備をしておく必要があり、特に営業スキルの獲得は欠かせません。いかにして自分に仕事の依頼をさせるかを考えつつ、候補となる企業の需要を良く考えて営業を行うスキルは、一朝一夕にして身につくものではないでしょう。独立することを考えているなら、地道にトレーニングを積んでおかなければなりません。

また、営業活動を行える現場がないといくらスキルがあっても発揮できないのは確かです。正社員として働いている間に、できるだけ多くの現場に出入りして人脈を作るのが営業活動の場を獲得することにつながります。正社員のうちは社外とのコンタクトを取ることもしばしばあり、エンジニア同士だけでなく各企業の管理職などとのつながりを作ることも可能です。この時期に十分に人とのつながりを作るようにしておくと、フリーランスを始めてから大きな武器になります。