エンジニアにとってスキルは大切なものであり、人材としての価値を判断される際に用いられる基準です。しかし、見方によっては自分がどのようにしてIT業界で活躍することができるかの指標にもなります。自分がやりたい仕事に従事できるようにするには、それに見合ったスキルを学んで実用レベルまで引き上げなければなりません。それがエンジニアとしての成長につながりますが、そのために必死に勉強しなければならないのも確かです。

フリーランスをする面白さとして、スキルを広げていくプロセスと収入を稼ぐプロセスとを一致させられることは理解しておくと良いでしょう。スキルを広げるのが義務になってしまうとストレスになりますが、それが収入を稼ぐためとなればモチベーションが上がりやすくなります。自分の持っているスキルにプラスアルファがあれば高単価の仕事ができるというときに、あえてその仕事を請け負って現場で学びながら仕事を完遂するという方針を立てられるのです。

また、自分の好みに応じて新しいスキルを必要とする仕事を請け負い、学びながら成果を上げるといった方針を立てることもできます。それがだんだんと高い報酬を得られることにつながるので、やりがいが生まれやすいのです。自分を自由に成長させられるのが楽しみになっていくでしょう。そのため、フリーランスで成長できる面白さに駆られ、ずっとフリーランスを続けているエンジニアも多くなっています。